著作権情報を表す要素

一般的なWEBサイトは、ページの最下部にそのサイトの著作権情報を記す記述があります。HTML5からは、このような著作権情報をマークアップするのに最適な要素が登場しました。

ページ内の基本構造を表す要素
要素名 意味・役割
<small> 著作権表記や免責などの細目テキストを表す

small要素 HTML5で変更

<smallスモール>要素は、smallスモール fontフォントの意味で、 著作権表記や免責などの細目テキストを表す要素です。一般的なブラウザはこの要素で囲まれた範囲を小さい文字で表示します。なお、HTML5より前までは、小さい文字で表示するという目的だけの要素でとくに意味がないことからあまり利用されていませんでしたが、HTML5からは、著作権表示や、注釈、免責事項などの一般的に小さい文字で表示する細目テキストを表すという意味に変更されました。

カテゴリ
コンテンツ・モデル
フレージング・コンテンツ

サンプル

small要素の例
<footer>
  <p><small>&copy; 2016 Mary Blog.</small></p>
</footer>
ブラウザでの表示例

RERUN

HTML5からは、このように<small>要素を使って著作権情報を示します。

small要素を使ってみよう

それでは、<small>要素を使って著作権情報を示してみましょう。

  1. 「Chapter21」フォルダ内の「index.html」をテキストエディタで開く
  2. 下記を参考に、<small>要素をマークアップ
Chapter21/index.html
<footer>
  <address>
    当サイトへのお問い合わせは、<a href="#">お問い合わせフォーム</a>からお願いします。
  </address>
  <p><small>&copy; 伝説のWEBクリエーター日記 All Rights Reserved.</small></p>
</footer>
  1. 上書き保存し、ブラウザで確認
ブラウザでの表示例

RERUN

練習問題

「Chapter21」フォルダ内の「traning.html」を開いて下記の問題を解いてみましょう。なお、解けた問題は問題文の横のチェックボックスをオンにしましょう。

    • 文字列「&copy; 2016 Dummy All Rights Reserved.」
ブラウザでの完成例

RERUN

解答例